陶磁器に挑戦・陶芸日記

hiranuyuta.exblog.jp

陶芸を始めて努力の日々

ブログトップ

大量のご注文

6月に開催されました宇都宮陶芸倶楽部の展示即売会のご縁で北海道北見市のお店から大量のご注文を頂きました。
北海道北見市の「京の器と喫茶 和香思」というお店です。
「京の器と喫茶 和香思」:http://wagashi-kitami.seesaa.net/
d0277868_20345790.jpg

カーリングストーンを模した蓋付き小鉢ですが北見市の町おこしにマッチしたようで北見市の街興しの助力になれば制作者も本望です。
まだまだ希望数量には届いておりませんが鋭意作陶努力中です。
d0277868_20352987.jpg
d0277868_20353487.jpg
d0277868_20353805.jpg


有難い事です。
お世話になりました方々へ感謝申し上げます。

外の工房で作陶しているもので、ここのところの猛暑にはほとほと困り果ててます。
早く秋が来ないかなあ。。




宇都宮陶芸倶楽部








[PR]
# by hiranu | 2018-08-07 20:39 | 陶芸

庭の花

暑い暑い日が続いてます。
庭の花もぐったりしがち。

ポーチュラカ
d0277868_21250106.jpg
d0277868_21250808.jpg
グラジオラス
白から咲き始め黄色も出てきました。白-->黄色-->赤 と次々に割き始めます。
d0277868_21251260.jpg
桔梗もぐったり
d0277868_21251719.jpg
ブルーサルビア
d0277868_21252445.jpg
麦なでしこも終わりに近い
d0277868_21253382.jpg


宇都宮陶芸倶楽部







[PR]
# by hiranu | 2018-06-29 21:30 |

石膏型枠の解体

今朝早朝昨日流し込んだ石膏型枠の解体作業を行った。
土台のタタラを外し、アクリル円筒を外した状態が下図。
d0277868_09115659.jpg
暫く乾燥させれば石膏面と鉢面に隙間がでるはず。
すき間が確認できたらエアーで一気に剥離。

後は石膏面をステン板や石膏カンナで仕上げてスポンジで洗浄し、乾燥すれば型の完成。

d0277868_09444381.jpg
d0277868_09445001.jpg
十分に乾燥させてから鋳込みに使用します。
以上で完成です。





宇都宮陶芸倶楽部







[PR]
# by hiranu | 2018-06-19 09:17
今日は陶芸倶楽部 Iさんの依頼品でミニ盆栽用極小八角鉢の石膏型制作を行いました。
鉢はこんなに小さな8角の植木鉢です。
d0277868_19173662.jpg
寸法測定です。
開口部(口部)は約7cm
d0277868_19180674.jpg

富士山5号目は約6cm
d0277868_19180054.jpg
鉢の底部は約5cm
d0277868_19175685.jpg

高さは約2.6cm
口部の最高径は約7.5cm
d0277868_19181685.jpg
以上の寸法から
石膏型の円柱直径は石膏型の肉厚3cmと想定し、直径=7+3x2=13cmとした。
石膏型高さは鉢の高さ2.6cm+3cm=5.6cmとした。

鉢の体積は富士山5合目の径6cmの高さ2.6cmの円柱で代用=74㎤
石膏型円柱の体積は直径13cm(r=6.5cm),高さ5.6cmだから体積=742㎤
従って流し込み石膏の量は=742-74=668g
必要水の量は74%だから 668x0.74=494g

以上から板にアクリル円柱の円(直径13cm)
円柱を立てる土台粘土のタタラを20cm四方のタタラとした。
台の厚さは2.5cmとした。

下図の外枠太線の四角は粘土の台(タタラ)
中の円はアクリル板の円柱の線
中の四角は鉢を伏せて置く部位
d0277868_19182478.jpg
土台になるタタラは厚さ2.5cm
d0277868_19183276.jpg
20cm四方の粘土板です。
d0277868_19183737.jpg
アクリルの円筒は直径13cm
d0277868_19184953.jpg

土台のタタラの表面を平らに仕上げて。。。
d0277868_19191041.jpg
d0277868_19191539.jpg
この台の上に小鉢を逆さまに所定に位置に置き、水を使いながら台と接着させます。
d0277868_19191938.jpg
台と接着したら目測でアクリル円筒の中心には鉢が来るように円筒をそっと置き、
円筒上端を円周にそって少しずつ台に押し付けながら円筒を台に埋めていきます。
d0277868_19192727.jpg
そのままでも石膏の漏れは無いかと思いますが、念のためさらに漏れ補強。
紐で円筒下部を埋めます。
d0277868_19193162.jpg
d0277868_19193636.jpg

対象の鉢に剥離剤(食用油)を塗るのは土台に乗せたらすぐにやるべきでしたが、忘れてしまい、今塗りました。
d0277868_19193994.jpg
さあ、ここまでで石膏の流し込み準備完了です。
流し込む石膏の準備に入ります。
まず水を準備します。  水は494gです。
d0277868_19194493.jpg
次に石膏は668gです。
d0277868_19194839.jpg
水と石膏が計量完了ですので水に石膏を入れます。
d0277868_19195553.jpg
石膏の撹拌はなかなか慣れるまで苦労しましたが、私は手で撹拌しながら指で石膏ダマを感じながらつぶしながら撹拌してます。一番確実なようなきがします。
これで流し込み石膏と、流し込む対象が準備できました。
机に新聞紙を敷いてますが、万が一外へ流れ出した時の保険です。
d0277868_19200063.jpg
ではそろりそろりと石膏を流しこみます。
d0277868_19200524.jpg
d0277868_19200934.jpg
今日はここまでです。
明日は土台を外し、アクリル円筒を外し、石膏型をきれいに整えます。




宇都宮陶芸倶楽部



[PR]
# by hiranu | 2018-06-18 22:35
倶楽部にあった小さな鋳込み用石膏型。
鋳込みをやってみました。これは何の型でしょう?
想像するに、恐らく小さな植木鉢かな?

泥漿は並信楽土作りました。信楽土1kg、 水100cc,  水ガラス3g
型から外して仕上げれば信楽土の小鉢が完成。
d0277868_20362717.jpg
d0277868_20364449.jpg
庭には花がいっぱい。。。。
カラーも咲きました。
アジサイは旬。麦なでしこも遅ればせながら咲きました。
d0277868_20374416.jpg
d0277868_20375358.jpg
d0277868_20381402.jpg
d0277868_20383081.jpg
d0277868_20384007.jpg
d0277868_20385626.jpg
d0277868_20390660.jpg
d0277868_20391492.jpg
d0277868_20392067.jpg
d0277868_20394232.jpg
d0277868_20392813.jpg
宇都宮陶芸倶楽部










[PR]
# by hiranu | 2018-06-15 20:50